猫の避妊・去勢

世田谷区と協定を結び、猫の避妊・去勢手術の助成事業をおこなっています。

猫のイメージ 仔猫のもらい手が見つからない、引越しする時において行ってしまった等の理由で地域に捨てられる猫があとを絶ちません。メス猫は生後6ヶ月くらいで最初の発情期をむかえ、そのあとは年に2回以上の出産をむかえる場合もあります。猫は交尾によって排卵するため、ほぼ100%妊娠し、1回に3~6匹の仔猫を生みますので、飼い主のいない猫をさらに増やすことになります。

もちろん、雄猫の飼い主にも責任があります。自分の猫がどこかで子供を作った時に、その責任が飼い主にあるのは当然です。 捨てられた猫の多くは子猫のうちに死に、生きのびておおきくなっても「野良猫」として、人の愛情や世話を受けることのない存在になってしまいます。

世田谷区では、東京都獣医師会世田谷支部と協定を結び、このような飼い主のいない猫を減らすため、飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費用の助成を実施しています。

飼い猫 飼い主のいない猫
【世田谷区】猫の避妊・去勢助成額 :6,000円
:3,000円
:10,000円
: 5,000円
【世田谷区獣医師会】猫の避妊・去勢助成額 :2,000円
:1,000円
【世田谷区獣医師会】マイクロチップ 全額助成※1 全額助成※1

※1 AIPO登録料金1,000円は、飼主負担となります。(AIPOは、平成15年に設立された日本全国を対象としたマイクロチップの登録管理機関です。)

飼い猫の不妊去勢手術費用助成

●対象となる猫
・区民の飼い猫
・獣医師が手術可能と診断した猫
●助成額
メスの場合:6,000円
オスの場合:3,000円
※獣医師会加盟の動物病院内に掲示されている手術料金から助成額が減額されます。
●手続きなど
  1. 獣医師会加盟の動物病院または保健所にある「飼い主の不妊・去勢手術助成金交付申請書」に記入・押印し、世田谷区保健所に郵送する。
  2. 保健所より「飼い猫の不妊・去勢手術助成金交付決定通知書(正・副)」が郵送されたら、獣医師会加盟の動物病院に連絡して『助成制度を利用して手術を受けたい』ことを伝え、予約する。
  3. 交付決定の日から90日以内に「飼い猫の不妊・去勢手術助成金交付決定通知書(正・副)」及び印鑑(ネーム印不可)を持参し、手術を受けさせる。ただし、年度末については3月31日までに手術を実施すること。
  4. 支払いのときに、「飼い主の不妊・去勢手術助成金交付決定通知書(副)兼代理受領委任状」に記入押印し動物病院窓口に提出する。(印鑑はネーム印不可)
  5. 協定により東京都獣医師会世田谷支部が、助成金代理受領するまでの期間立て替えますので、助成金相当額を差し引いた金額で手術を受けることができます。
    助成額分の減額を確認してください。

《注意事項》
※飼い猫の不妊・去勢手術助成金の申請は、事前に手術をする前に申請してください。
「飼い猫の不妊・去勢手術助成金交付決定通知書(正・副)」が届いてから手術を行ってください。 ※手術後の申請では、助成金は交付されません(手術料金から助成額が減額されません。また、区役所では手術後の申請は受け付けておりません。


飼い主のいない猫の不妊・去勢手術助成

●対象となる猫
・世田谷区内に生息をしている飼い主のいない猫
・獣医師会が手術可能と診断した猫
●助成金交付対象者
・世田谷区内に住所を有し、世田谷区内に生息する飼い主のいない猫の世話をしていて、飼い主のいない猫が生息する地域への説明などを実施した方。
・不妊・去勢手術済みの猫である識別の措置の実施に同意できる方
●助成額
・メスの場合:10,000円
・オスの場合:5,000円
●申請方法など
  1. 獣医師会加盟の動物病院または保健所にある「飼い主のいない猫の不妊・去勢手術女性金交付申請書」に懲戒や自治会などの自治団体の会長等の役職者に説明予定の内容及び他の必要事項記入後、印鑑を押印してから、世田谷区保健所に郵送もしくは持参してください。(申請書は1匹につき1枚必要です。印鑑はネーム印不可。)
  2. 申請者は、飼い主のいない猫が生息するちくの町会や自治会などの自治団体の会長等の役職者に、飼い主のいない猫の存在と子の取組が飼い主のいない猫を減らすための活動であることとそのためには不妊・去勢手術の必要があることなどを説明します。
  3. 保健所より「飼い主のいない猫の不妊・去勢手術助成金交付決定通知書(正本・副本)」が郵送されたら、②で説明した内容を決定通知書に記入します。獣医師会加盟の動物病院に連絡して、『助成金制度を利用して手術を受けたい』ことを伝え、手術の予約をします。
  4. 交付決定の日から90日以内に「飼い主のいない猫の不妊・去勢手術助成金交付決定通知書(正・副)」及び印鑑(ネーム印不可)を持参し、手術を受けさせます。ただし、年度末については、当該年度の3月31日までに手術を実施してください。
  5. 支払のとき、「飼い主のいない猫の不妊・去勢手術助成金交付決定通知書(副本)兼地域への説明結果報告書兼代理受領委任状」に記入・押印し、動物病院窓口に提出します。(印鑑はネーム印不可)
  6. 協定により東京都獣医師会世田谷支部が、助成金を代理受領するまでの期間立て替えますので、助成金相当額を差し引いた金額で手術を受けることができます。助成額分の減額を確認してください。

世田谷区獣医師会飼い猫の不妊・ 去勢手術助成

東京都獣医師会世田谷支部では世田谷区の飼い猫の不妊去勢手術助成金とは別に獣医師会会員病院の協力により、飼い猫に対して不妊・去勢手術の助成を行っています。 詳しくは会員病院にお問い合わせ下さい。

●助成額
メスの場合:2,000円
オスの場合:1,000円

世田谷区獣医師会マイクロチップのお知らせ

世田谷区は、平成16年4月1日「世田谷区人と動物との調和の取れた共生に関する条例」を施行しました。世田谷区獣医師会は、この条例の趣旨を踏まえ、動物愛護の普及と飼主の責任やマナーの向上に取り組んでいます。 世田谷区獣医師会と世田谷区は、災害時における動物救護活動の協定を平成17年3月に締結いたしました。
災害時には、家庭飼育動物の負傷・逸走が予想されます。世田谷区獣医師会は、大切な家族の一員である飼育動物が、災害時等に迷子になっても飼い主の元に帰れるよう、固体識別のためにはマイクロチップの挿入が最適であると考え、マイクロチップの普及を推進していきます。
そこで、世田谷区獣医師会は、不妊・去勢助成事業による手術を希望される飼い猫に対し、無料でマイクロチップを挿入します。
なお、マイクロチップの登録事務はAIPO(動物普及推進会議)で行っています。
AIPO登録料金1,000円は、飼主負担となります。

※AIPOは、平成15年に設立された日本全国を対象としたマイクロチップの登録管理機関です。